秋の音

秋の音

我が家では大量の緑が植えられている為、夏の間は虫にとって天国、

人間にとっては面倒な時期でもあります。

水遣りをたまに頼まれるんですが、蚊に刺される事、蜘蛛の巣に引っかかる事を覚悟しなくてはなりません。

そんな剪定好きの母だからこそ緑豊かな庭が維持され、

植物たちも活き活きとした環境が作られているんだと思います。

虫まで活き活きするのは困ってるんですけどね(笑)

そんな夏が過ぎ去り、気温も曇りの日ならすっかり落ち込む秋模様となりました。

庭の緑たちは母の世話もあってまだまだ新緑が残っていますが、

萎れてしまったゴーヤの蔦を見ていると、剪定に関して素人の私もシーズンが終わりだと分かります。

まだ紅葉が見える事はありませんが、自然にあふれる我が家では気の早い秋の到来を告げる、

四季折々の顔があります。

自然に豊かだと夏の間こそ維持が大変であれ、秋や春においては過ごしやすい季節に相応しい、

おとなしい自然が芽を出してきます。

たまに手伝わされる私の身としては少々大げさながらも、

自分の手伝いもあって芽を出していると、やはり悪い気はしません。

夏の間はお世辞にも虫の声が小さいとは言えず、

ひと夏の命を燃やすように旺盛に鳴いていましたが、

秋に聞こえる虫の声と言えば、不思議と騒がしいイメージは少ないと思います。

そう、秋の虫の声と言えば、やはり鈴虫の声ですね。

昔から風流として日本の季節を司る音という認識が強かったですが、

それは時代が変わっても同じですね。

あまり音楽を聞かない私の部屋には庭中に生息しているであろう鈴虫の声が、

BGMとしてダイレクトに響き渡っています。

人間は静かすぎて無音だと逆に落ち着きませんが、自然に溢れた家の特権とでも言いましょうか、

我が家では四季折々の音が常に響いており、静寂を彩る音には事欠きません。

鈴虫の鳴き声と言えば文字通りの鈴のような音ですが、個人的に鈴虫の声はさらに洗練されていて、

鈴とは違って長時間聞いていても耳に負担にならない良い音色だと思います。

皆さんは自然の音は聞いていますか?

冬になれば当然音らしいものは消えてしまいますが、

それでも目を閉じればつい最近過ぎ去った季節の音が聞こえるような気がして、

今の秋にしっかりと耳に焼き付けているのでした。

カレンダーアプリを愛用するなら

皆さんがスマートフォンの中でも愛用されているアプリは何ですか?

私がこよなく愛するのは、実はカレンダー系のアプリだったりします。

お恥ずかしながら、リアルのカレンダーの方はめくるのを数か月に渡って忘れたりもするのですが、

その反面カレンダー系のアプリは日時の同期や視認性などにより、

入れているだけでも何故か嬉しくなるという事になっていて、

愛用し続けているアプリがありながらも常日頃から新しいカレンダーアプリを探しています。

私が愛用しているカレンダーアプリはRefillsというスケジュール帳にも使えるアプリで、

お値段はアプリの中でもかなりお高い部類になるのですが、

その分基本性能がとてもシンプルで使いやすく、尚且つ邪魔にならない程度に機能も多めで、

軽く使うだけでもカレンダーとしては非常に良く出来ている仕上がりと言えます。

このアプリを導入したのはiPhoneを持って比較的日が浅い頃だったので、

そう考えるとしょっちゅうカレンダーアプリをチェックしている自分としては、

かなりの存在感を放っていると言えます。

そしてこのRefills、今まで愛用していたと言っていたのが恥ずかしくなるくらい、

カスタマイズ性にも優れていたのです。

今まで宝の持ち腐れでよく評価してたなあ、と(笑)

ポップアップ表示は一見して見やすいですが、毎回発生するとそれだけでラグになり、

慣れてくるとそれが嫌でアプリ乗り換えを検討していたのですが、

この表示を長押しに変更する事で、一覧性と機能性が向上できたのです。

これはこのアプリだけでなくカレンダー系のアプリ全般に共通して言える事で、

カレンダーを見るにあたって重要視する事は人によってそれぞれです。

紙のカレンダーは買う時にデザインが大方決まってしまいますが、

スマートフォンのカレンダーにおいては自分好みのカスタマイズが出来、

予定の確認をよりしやすくする事が可能だったのですね。

それをろくにしないで、今までよくもカレンダー好きなんて言ってましたね…(苦笑)

お恥ずかしいです。

他にもカレンダー系のアプリは多く、ビジネス系やデザイン系など様々な分野のカレンダーが存在します。

色んなカレンダーがありますが、乗り換える事になっても、

今度こそは自分好みに積極的にいじれるようになりたいですね。